So-net無料ブログ作成

オイル・オイルフィルター交換 [車のメンテナンス]

オーリスのオイルとオイルフィルターを交換しました。

オーリスのエンジンは、エンジン位置を下げるために
エキゾーストがエンジン下を通らないように反対向きに搭載されているとか?!
だからドレンボルトは、エンジンの後ろ側(@_@;)
オイル交換は、ジャッキアップ前提になってます。

ジャッキアップしたくないので、スロープで挑戦!
スロープとコンクリートブロックと高さ調整の板でやってみます。

TRDのスポイラーが付いてるので、ギリギリ入りました。

スロープを登ってブロックの上に停めるのが難しそうですが、
やってみます。

スロープは、タイヤの直前に置くとかなりアクセル踏まないと登れそうになかったので
勢いあまって反対側に落ちそうです。
スロープをちょっと離してなるべくアクセルを強く踏まないでブロックの上にピタッと停まるようにと願って!

どうにかブロックの上で停まれました(^_^;)

P6210096-2.jpg

右側は、ブロックがちょっと内側過ぎましたが、そのままやります。

P6210098-2.jpg

エンジンの裏側にドレンボルトとフィルターカバーが見えました。
最近のトヨタのオイルフィルターは、エコのため内蔵式が主流みたいです。

P6210099-2.jpg

エンジン上部のオイルキャップを外して、ドレンボルトを外してオイルを抜きます。

P6210100-2.jpg

P6210102-2.jpg

オイルフィルターの説明を読むとフィルターカバーの位置でオイルが抜けるようです。

P6210101-2.jpg

フィルターレンチを付けて緩めて位置を合わせるとオイルが少しずつ抜けました。

P6210105-2.jpg

数分後、フィルターを外しました。

P6210106-2.jpg

パッキンを新品に交換して

P6210107-2.jpg

パッキンに新しいオイルを塗ってフィルターを入れて

P6210108-2.jpg

フィルターレンチで取り付けます。

次にドレンボルトを付けようとしたら、ドレンパッキン(ワッシャー)が付いてない!
古いオイルの中を探したけどないみたいです。
もしかしたらパッキン無しだったのかも??
外す前に撮った画像を見ると付いてなかったようです(@_@;)

今回はパッキンを付けてドレンボルトを締めました。

オイルは、モービル1 5W30

P6210110-2.jpg

オイル量は4.2Lとあったので
とりあえず、4L入れてエンジン掛けてオイル漏れがないのを確認して
車をバックさせました(^_^;)

降りて見たらヤバそうな状態でしたが・・・

P6210111-2.jpg

スロープとブロックは、どうにかして連結した方がいいみたいです。

P6210112-2.jpg

残り0.2Lを入れて

P6210113-2.jpg

しばらくエンジンかけて、止めてから数分後にオイル量を確認して終了!

スロープいいかも!
ジャッキアップより安心して車体の下に潜れました。

P6210114-2.jpg

エアクリーナーエレメント交換 [メンテナンス]

CB1300SFのエアクリーナーエレメントを交換しました。
これも初交換??と思いますが。

シートを外し、右サイドカバーを外します。
サイドカバーは、下のボルト1個とあとは爪が2ヶ所、差し込み1ヶ所で止ってます。

P6140081-2.jpg

P6140082-2.jpg

カバーは、ネジ3個で固定されているのでネジを外します。

P6140083-2.jpg

コネクターも邪魔なので外します。

P6140084-2.jpg

P6140085-2.jpg

交換するのは、やっぱり純正品で!

P6140086-2.jpg

新旧比較

P6140087-2.jpg

エアクリーナーボックスの中は綺麗そうなので
そのまま新しいエレメントを入れました。

P6140089-2.jpg

P6140090-2.jpg

元に戻して終了!

フロントブレーキパッド交換 [メンテナンス]

リアに続いてCB1300SFのフロントブレーキパッドも交換しました。

P6140060-2.jpg

パッドピン2本を緩めて、キャリパー固定ボルトを緩めて外します。

P6140061-2.jpg

パッドピンを外してブレーキパッドを抜きます。

P6140062-2.jpg

スプリングも外します。

P6140064-2.jpg

フロントも新しいパッドは、純正品にしました。

新パッドの面取りです、パッドの淵を金属やすりで軽くゴシゴシ。

外したパッドと新パッド。
これはもう交換時期です。

P6140067-2.jpg

反対側も同じように外します。

P6140068-2.jpg

中は結構汚れてます。

P6140069-2.jpg

ピストンを出そうとブレーキペダルを握りましたが、
出てくるピストンは8個のうち1個だけ(^_^;)

ピストンを出すのは諦めてブレーキパーツクリーナーで洗い流してゴシゴシ。

ブレーキのピストンを戻すとブレーキフルードの液面が上がるので、をちょっとスポイドで吸い上げフルードを減らします。

P6140070-2.jpg

シムグリースをパッドピンとパッドの裏側に塗ります。

P6140073-2.jpg

ブレーキパッドセパレーターでピストンを戻します。
(4個いっぺんには手では戻しにくいです)

ピストンを戻した状態のキャリパーにパッドを入れます。

P6140074-2.jpg

スプリングで押さえながらパッドピンを軽く取り付けます。

P6140075-2.jpg

P6140076-2.jpg

キャリパーをディスクローターに入れて
キャリパー固定ボルト左右各2本を本締めします。
大きいトルクレンチの出番、トルクは30N・m

P6140078-2.jpg

パッドピン左右各2本を本締め、トルクは18N・m

P6140079-2.jpg

ブレーキレバーを何回か握って、リザーバータンクの液量を調整して終了!

リアブレーキパッド交換 [メンテナンス]

CB1300SFのリアブレーキパッドを交換しました。
走行距離は、22,230㎞
たぶん初交換と思いますが??

まずは、パッドピン(1個)を緩めます。

P6140036-2.jpg

キャリパー固定ボルトを緩めて外します。

P6140037-2.jpg

P6140038-2.jpg

パッドピンを外します。

新しいパッドは、無難に純正品にしました。

新パッドの面取りです、パッドの淵を金属やすりで軽くゴシゴシ。

P6140039-2.jpg

外したパッドと新パッド。
まだもうちょっと使えそうですが交換します。

P6140042-2.jpg

パッドを外した状態

P6140043-2.jpg

リアのリザーバータンクは、タンデムステップの裏側
蓋がちょっと外しにくいです。

P6140046-2.jpg

ブレーキのピストンを戻すとブレーキフルードの液面が上がるので、をちょっとスポイドで吸い上げます。

P6140045-2.jpg

フロント側のピン(差し込まれてるだけ)を抜くためにキャリパーを持ち上げて外側に抜きます。

P6140047-2.jpg

ブレーキを軽く踏んでピストンを出して
ブレーキクリーナーを吹き付け磨きます。
完全に綺麗にはなりませんが、良しとします(笑)

P6140048-2.jpg

ブレーキパッドセパレーターでピストンを戻します。
(ワンポッドなので簡単に手でも戻せましたが)

P6140049-2.jpg

完全に戻したらスプリングが外れたので、これも磨きました。

P6140050-2.jpg

ピストンを戻した状態

P6140051-2.jpg

フロント側のピンにシリコングリースを塗って
この状態で車体に取り付けます。
キャリパー固定ボルトを軽く締めます。

P6140052-2.jpg

シムグリースをパッドの裏面に塗ります。
内側の分は、当たる部分だけ良かったです(^_^;)

P6140053-2.jpg

パッドピンにもシムグリースを塗ります。

P6140054-2.jpg

ブレーキパッドをキャリパーに入れて

P6140055-2.jpg

パッドピンで軽く固定します。

P6140056-2.jpg

キャリパー固定ボルを本締めします。
小さいトルクレンチの出番、トルクは23N・m

パッドピンを本締め、トルクは18N・m

P6140058-2.jpg

ブレーキペダルを何回か踏んで、リザーバータンクの液量を調整して終了!

復興フラッグツーリング(マイナリスト) [ツーリング]

2015年6月6日(土)呼子方面へツーリングに行ってきました。

前日が小倉で飲み会、小倉のホテルに泊まりましたが、
夜にもちっこさんからツーリングのお誘いがあり、
二日酔いの頭で早起きして家に戻りバタバタとツーリングの準備をして出発!

「バタバタ」が後で「しまった」となりましたが(^_^;)

集合場所は志免鉱業所竪坑櫓です。
ブログではよく見てましたが行くのは、お初です。

前日は雨でしたが、予報どおり今日は晴れ!

竪坑櫓、デカいです。
見上げると迫力あります!

P6060003-2.jpg

今日のメンバーは、9人でした。
うちFZ1フェザーの方は、お見送りのみでしたが。
名前を聞いたけど二日酔いの頭では記憶できませんでした(^_^;)

響さん(GSR750)、とのじんさん(Z1000)、めにまるさん(VFR800)、こうさん(ブラックバード)、もちっこさん(VTR250)、Ohikeさん(R1200GS)、かおりんさん(R1200R)と私(CB1300SF)の8人です。

今回のツーで念願だったかおりんさんにやっとお会い出来ました(^O^)

ここでミッションの復興フラッグを挙げました。
全員揃ってませんが(ゴリラポッドを忘れたので集合はありません)

P6060004-2.jpg

お見送りされながら福岡市内の愛宕(あたご)神社へ出発!

高台にあり見晴らしいいです。

P6060007-2.jpg

ミッション準備中!

P6060008-2.jpg

カメラでの撮影はここで終了!?
「撮影可能枚数0」の表示が!!

SDカード入れるのを忘れてました(^_^;)

テンション一気に急降下でした(T_T)

ナビのSDカードを入れてみても音楽が入ってるので「撮影可能枚数0」

あとはガラ携カメラでちょこっとだけ撮りました。

西九州道を通り呼子近くの立神岩まで

変わった形の岩々

SN3M3801.JPG

おととい来たばっかりのめにまるさんのNEWバイク!

VFR800

SN3M3804.JPG

昼食は、加部島でイカですが、二日酔いで食欲なし(T_T)

皆さんイカの活き作りが多かったですが、
焼きイカサラダだけ食べました。

SN3M3805.JPG

加部島の先端
ここでも復興フラッグを

SN3M3813.JPG

田島神社

SN3M3817.JPG

呼子 風の見える丘公園から見える呼子大橋

SN3M3821.JPG

波戸岬

シェンロンの雲に向かって

SN3M3827.JPG

SN3M3828.JPG

SN3M3834.JPG

帰り道は、ジャンケンで先導を決めましたが、
前回に続いて負けました(^_^;)
え~なんで??

と言うことで先導車はCBとなりました。
ちょっと違うコースで西九州道まで

最後の休憩で、いろいろバイクにマタガリータしましたが、
やっぱりCBが重いと実感しました。
意外だったのはOhikeさんのBMWのGSはローダウンしてないそうなので
両足ツンツンと思ってましたが、サスが沈み込んで足付き良かったです。
西九州自動車道から都市高経由八木山バイパスR201で行橋まで

今回のツーは、探検なしで平たんな道のりの歩きだけだったので
二日酔いの体には良かったです(笑)

走行距離 321km
燃費  19.9km/L

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。